風俗まで一直線

高まってきますよね

待合室って人それぞれいろんなことを考えていると思うんですよ。あの空間が嫌だから風俗を利用する際には躊躇してしまうって人もいれば、それを敬遠したいがために風俗ではデリヘルばかりって人もいると思うんです。でも、個人的には風俗は待合室あってこそかなって思っているんですよ。待合室で待つことによって、自分の気持ちがより盛り上がっていくような気がするんです(笑)あそこは男が精神を集中させる場所って言っても良いんです。気持ちを高めることによってそこから女の子との時間を頭の中で妄想して、プレイに備えるんです。つまりはコンセントレーションを高める場所なんです。だから他のお客の視線が嫌だとか、何となく気まずいとか言っている場合ではないんです。女の子との時間は刻一刻と迫ってきているものなので、どんなプレイをするのかや、今の自分が求めているものはどのようなことなのかといったことを考えるとても貴重なスペースなんじゃないかなと。

剛毛。でもそれがいいんです

彼女、きっと毛深いんでしょうね。体質だから別にあれこれ言うつもりはないんですけど、アンダーヘアとか凄かったんですよ。特に最近の風俗嬢は手入れしている子も多いじゃないですか。だから余計インパクトがありましたね。濃いし範囲も広いし。そこだけを見たら本当にジャングルでしたけど、実は個人的には嫌いじゃないんです。なぜならアンダーヘアフェチって訳ではないんですけど、やっぱりアンダーヘアがとてもありがたいなと。何をしてくれるとかじゃないんです。アンダーヘアもまた、風俗嬢の個性と言っても良いじゃないですか。だからこそ、アンダーヘアまで思う存分楽しみたいんですよね。それに彼女、毛深いだけでスタイルそのものは素晴らしいレベルだったんです。乳首も小さいしで、体つきに関しては自分の理想そのものと言っても良いくらいのボディだったので、その分こちらの満足度はかなりのものになりました。あれだけの剛毛、今は逆に価値がありますよ。