風俗まで一直線

欲求不満くらいが丁度良いのかもしれない

「欲求不満」という言葉は、誰もがネガティブなイメージを持っているんじゃないですかね。欲求不満状態だとあまり良いものじゃないですし、すぐにでも解消した方が良いって思われているじゃないですか。確かに、欲求不満になるとイライラするので、八つ当たりしてしまう人もいれば、ちょっとしたことで怒ったり、時には悶々としたりとあまりよいものではないですよね。でも、風俗に行くことを考えると少し欲求不満くらいの方が良いかなと(笑)特に何もない状態で風俗に行くよりも、少しくらい欲求不満の時に行く方が、快感は上ですね。これは間違いなく断言出来ます(笑)欲求不満ということは、それだけ飢えているってことじゃないですか。乾いたスポンジのようなものですよ。快感のためのものなら何でも吸収出来る状態になっているので、女の子に何をされてもとっても気持ち良いなって思えるんですよ。それもあって、風俗では少し欲求不満くらいで行くようにしています。

健康美人っていいですね

風俗嬢にしては珍しいタイプと言うか、健康的な美人だったんですよ。アウトドア派って自分でも言っていましたけど、確かに彼女はアクティブな雰囲気。ともだちもおおそうだし、かれしだっているでしょうね。いわばリア充感が漂っている風俗嬢だったんですよ。いつも自分が相手をしている風俗嬢はどちらかといえばインドアかなって思うタイプが多かったのでかなり新鮮だったんですよ。だからいつも以上に興奮しました。とっても刺激的でもありましたしね。それに風俗って、内面というかメンタル面もかなり大切なんだなってことも分かりました。快楽を与えてもらうだけじゃなくて、精神的にどう思うのか。それがこちらの快感や満足度にも大きな影響を与えているんだなってことを知れたので、前回のプレイは相当楽しめました。健康的な美人ってだけでここまでいろんな気持ちになるんだなってことに気付けただけでもなかなか面白い時間を過ごせたんじゃないかなって。