風俗まで一直線

バイタリティもありましたね

風俗嬢だってやっぱりアイディア勝負な面もあると思うんですよ。オーソドックスなプレイも楽しいんですけど、時には自分ならではな方法が求められるケースもあると思うんですけど、この前の風俗嬢は上手と言うか、「見事」と思わせられるプレイを楽しませてもらいました。それは、彼女はローションを使って、肘でこちらを挟んだんです。彼女は微乳でもあったので彼女なりにいろいろと工夫したかったんでしょうね。それで器用なのが、挟みつつ、さらには先端は自分の乳首に押し当てているんですよ。これは風俗でも初というか、人生初の攻撃でしたね(笑)視覚的には何をされているのか良く分からない状況でしたけど、でも快感に関しては相当な物になりました。それに、肘を使うので相手の顔が近いんですよ。でも舐められている訳じゃない。この絶妙な空間のおかげで、かなり楽しめましたね。こうして男のためにいろいろとアイディアを出してくれるのはありがたい話ですし。

本能を満たそうとしたんですよね

風俗って理屈とか言葉ではなくて、そういったことを抜きにした部分で楽しめるのがいいんじゃないですかね(笑)本能を満たすというか、これは男であれば誰もが言葉にならない感情を持っているんじゃないかなって思うんですよね(笑)だから自分も風俗に関してはかなり積極的に楽しませてもらっています(笑)やっぱり時には男としていろいろと楽しみたいんです。人として楽しめるサービスというのは多々あると思うんですけど、男として楽しめるものって風俗だけなんじゃないですかね。特に男として、本能を最後まで満たせるのは風俗だけだと思うんですよね。それこそ喋るだけとか、一緒の空間にいるだけであれば風俗以外のサービスでも出来ると思うんですよ。でも女の子に抜いてもらうとなれば、やっぱりそれは風俗だけですよね。この点だけでも風俗を利用する価値はあるんじゃないかなって思うので、自分でも「男」に戻りたいとか、男として満足したいって思ったら風俗です。